がん経験者(サバイバー)でも入れるがん保険ってあるの?加入条件を比較

がん経験者でも加入できるがん保険はある?

がんに一度でも罹患してしまうと、基本的に普通のがん保険には加入できなくなります。しかし、がんを経験したからこそ『保険に入りたい!』と強く思った人も多いでしょう。

そのようなニーズに対応してか、がん経験者(サバイバー)も加入できるがん保険が販売されています。保険会社の引受基準が緩やかな緩和型や、告知する項目の数が少ない限定告知型というタイプの保険です。

告知事項(加入条件のようなもの)をすべてクリアできれば申し込めます。ただし、過去にがんを経験した人が申し込めるがん保険のため、保険料が割増しされています。

がん経験者向けのがん保険2つ!

アフラック「生きるためのがん保険 寄りそうDays」

  • がん(悪性新生物)の診断、治療から5年経過しており、治療をすすめられていなければ申し込める
  • 終身型。主契約に、入院給付金、通院給付金、手術治療給付金、放射線治療給付金が組み込まれている
  • 特約で加えられるのは「抗がん剤治療特約」「がん先進医療特約」の2つ

セコム損保「自由診療保険メディコムワン」

  • 乳がんの手術から6カ月~6年経過していれば申し込める(経過期間は乳がんのステージによる)
  • 定期型、保険期間5年の自動更新。がんの治療費としてかかった分を、ガン入院保険金、ガン外来保険金として補償
  • 加入できるのは、女性、乳がん経験者のみ

緩和型保険なら、がん経験者でもOK

がん経験者が入れるがん保険はあるけれど、選択肢が少なすぎるのは否めません。
『複数あるなかから保障内容を比較して選びたい。』と考える人におすすめなのが、緩和型保険(引受基準緩和型医療保険)です。

通常の医療保険よりも告知事項が少なく、持病がある人でも入りやすくなっているため、がん経験者でも入れるものが多数あります。通常の医療保険に比べ保険料が割高ですが、「告知事項」で示される数個の条件をクリアできれば申し込み可能です。

ただし、「支払削減期間」といって、一定の期間、給付金が少なくなる期間があることが多いので注意してください。

大抵の場合、

  • 支払削減期間:1年
  • 削減割合:50%

つまり、加入後、1年間は契約した金額の半分しか給付されないとなります。

『思っていたよりも給付金が少なかった…。』ということにならないよう、加入前に支払削減期間と削減される割合をよく確認しておきましょう。

緩和型保険 診断給付金が付けられるおすすめ3選

先に触れたように、がん経験者が加入できるがん保険のデメリットは「診断給付金がない」ことでした。『がん保険の中心的な保障でもある診断給付金がないのは不安だな…。』と思った人も多いのではないでしょうか。

そこで編集部では、数ある緩和型保険の中から、特約として診断給付金が付けられる保険を調査し3商品をピックアップしました。これら3商品の保障内容、告知事項、診断給付金の給付条件を比較します。

なお、3商品に共通して、診断給付金を特約として加えるためには、告知事項が1つ追加されるので注意してください。

また、3商品の診断給付金の特約は、保障されない期間が約3カ月間あります。主契約の保障などはすぐに開始しても、診断給付金の特約は約3カ月の待ち期間後に保障が始まるのです。この点についても契約前にしっかり確認が必要です。

支払削減期間に注目!

3つの保険を比較すると、保険料や保障内容は、

  • 保険料2,190円~3,815円
  • 入院日額:5000円
  • 手術給付金:5万円

となっており、保障内容は各社横並びの状態です。※月払保険料は40歳男性で試算

そこで比較ポイントとしてあげられるのが、支払削減期間と診断給付金の給付条件です。

多くの緩和型保険には支払削減期間があり、加入後1年間の給付金額は50%に減額されます。しかし奇しくも、今回とりあげた3商品のうち2つは支払削減期間なしです。

メットライフ生命「 My Flexi Gold-マイ フレキシィ ゴールド」とネオファースト生命「ネオdeいりょう 健康プロモート」には支払削減期間がありません。

この2つの保険の、がんに関連した部分の告知事項をおおまかに言うと、

  • がんの入院・手術から5年以上経過している
  • 3か月以内に、入院・手術・再検査などをすすめられていない

となっており、これらを満たせば申込みができる、緩やかな告知内容です。

契約成立後すぐに給付金が全額保障されることを重視する人は、メットライフ生命かネオファースト生命を候補にあげて検討してみてください。

がんでの入院・手術後1年で検討できる保険もある!

緩和型保険は、いくつかある「告知事項」をクリアできると申し込めます。告知事項を調査したところ、多くの緩和型保険のがん関連の告知事項は、

  • がんの入院・手術から5年以上経過している
  • 3カ月以内に、診察・検査で入院・手術・再検査などをすすめられていない

となっていました。

ほとんどが条件として「入院・手術から5年以上経過」をあげているなか、朝日生命「スマイルメディカル スーパーワイド」は、「過去1年以内に、入院、手術、放射線治療をうけたことがありますか?」というもので、告知条件が少し緩くなっています。

PAGE TOP